心因性頻尿の原因

心因性頻尿は心の不安や緊張など心理的に負荷がかかることによって尿意が催され、頻尿となってしまうことを言います。
頻尿の目安としては1日8回以上トイレに行くようであれば頻尿と言えます。
心因性頻尿では、その理由に病的な原因が見当たらないというのも特徴です。
症例としては、膀胱炎の場合は膀胱内で繁殖した細菌によって膀胱が刺激され、頻尿を引き起こす場合があります。
心因性頻尿ではそういった原因が見つかりませんので、夜間頻尿といった就寝中の排尿もありません。
心因性頻尿は、日中起きている時、特に心的なストレスを受けた時に尿意を催すのが特徴です。
生活に悪影響を及ぼすこともあり、その人にとって大きな悩みとなります。
心因性頻尿では精神的ストレスを受けた時に尿意を催します。
逆にいえば、特にストレスを受けていない時は尿意を催すことはありません。
先述の就寝中や何かに熱中している時などもトイレに行きたいという気持ちにはならないのです。
発熱や倦怠感、排尿痛も感じるケースでは泌尿器の病気を疑いがあります。
泌尿器の異常はなくても、意識した時に尿意を催すのが心因性頻尿の特徴といえるでしょう。

ノコギリヤシ サプリ 効果