薬を服用しているときは、脱毛できない?

女性にとっては、生理痛や偏頭痛といった体調不良はよくあることです。
そのため、痛み止めを常備している人も少なくないと思います。
忙しい時に風邪気味かなと感じたら、すぐに薬を服用するといった場合もあるでしょう。
多くの脱毛サロンでは、薬を服用中の人の脱毛施術を断るケースが多いようです。
脱毛サロンではカウンセリング時や施術前に薬の服用をついて質問されます。
そこでは、どんな薬を服用しているか正直に答えるようにしましょう。
では、どのような薬を服用していると脱毛の施術を受けられないのでしょうか?
それは抗不安薬や抗生物質、三環系抗うつ薬、経口抗真菌薬です。
具体的には風邪薬や花粉症の薬、鼻炎薬、うつ病の薬、血流を良くする血圧の薬が該当します。
市販薬には、脱毛処理に使われるレーザー光と反応してしまい、過敏症を引き起こしてしまうものがあります。
ひどい場合は火傷を起こしてしまうこともあり、注意が必要です。
また、中には期待した脱毛効果が得られなくなってしまう薬もありますので要注意です。

ケノンは楽天で買った方がお得かどうか知りたいならコチラ