香典の渡し方

香典を渡すタイミングは通夜だけの出席だけでなく、通夜や告別式の場合も通夜に出すことが多いようです。
葬儀や告別式にのみ出席する時は出席時に持参します。
香典は何度も渡すのは「不幸が重なる」イメージがありますので、自身が弔問するタイミングで1回で渡しましょう。
ただし、通夜前に取り急ぎ弔問する場合においては香典は渡す必要はありません。
また、通夜・葬儀・告別式に参加出来そうにない場合は郵送で送りましょう。
受付があれば記帳を済ませて、ふくさから香典袋を取り出てし、お悔やみの言葉を添えて両手で差し出します。
渡す際には「どうぞ御霊前にお供えください」と一言添えるようにします。
受付が無ければ、拝礼の時に御霊前に供えるか、遺族に手渡しましょう。
御霊前に供える際は、表書きを自分が読める方向にして供えましょう。
参列出来ない時は香典を現金書留で郵送します。
その際は添え状に参列できない理由とお悔やみの言葉を添えるようにしましょう。

家族葬が安い情報を知りたいならこちらのサイトが役に立ちます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です