神経性頻尿

多かれ少なかれ、緊張することはだれにもあることでしょう。

緊張すると、トイレへ行きたくなる…、なんて言いませんか?
緊張をすると、尿意が起こります。
そして尿意を気にしてしまうと、
トイレへ行ったばかりでたいして膀胱に尿がたまってもいないのに、
すぐにまた尿意を感じてしまいます。
これを、神経性頻尿といいます。

神経性頻尿は、特に自覚症状はありません。
トイレへ行きたいという、尿意だけです。
精神的なものであるため、尿に何ら問題はありません。
きれいな色をしていて、濁りなどはありません。

神経性頻尿になった場合には、
膀胱が過敏に反応しているため、膀胱の過敏性を和らげてあげます。
膀胱が過度に収縮しないようするのです。
一般的には、薬を服用します。

心因的な原因が強い場合には、
抗不安薬や抗うつ薬、さらには自律神経調整薬なども服用することがあります。

神経性頻尿は、頻尿を気にしすぎてしまうことによって
かえって悪循環に陥ってしまうことが多いです。

頻尿に効くサプリのランキングならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です